在宅事務代行ならぜひとも知りたい「クライアントを選ぶ基準」とは?


今週の木曜から、東京で講座を開催してます。
講座のお仕事は、今回は比較的ゆったりスケジュール。
でも、その合間はほぼすべて、事務代行事業に関連した商談、面談、打ち合わせの嵐。
お声をかけてくださるクライアントの皆様方には、とても感謝しています。

さて、今日はこの「クライアント」について、私が常に気を配っていることがテーマ。
題して「山田はどんな目線でクライアントを選んでいるのか?」

「えっ?クライアントって選ぶの?」と思ったあなた!
はい、そうなんです。
2010年の終わりから在宅でのフリーランス事務代行を続けてきた結果、私が得た選択基準があります。
この基準を知れば「こんなはずじゃなかった…」を防げるはず!

クライアントは、どんな思いで事業をしているのか?

私がクライアントを選ぶ際に最も気を配っていること。
それは「この方は真面目に事業をしているのか?」です。

「不真面目に事業をしている人って、いるの?」と言いたいかもしれません。
でもね、いるのです。これが!

私が言うところの「事業に対して真摯に取り組む」とは、「事業を継続する固い意志を持っている」を意味してます。

見せかけの華やかさに騙されるな!

ビジネスを手がけていると、どうしても浮き沈みがあるものです。
「今、調子がよくないな」と感じた時にすぐに投げ出す人を、私は少なからず見てきました。

華やかな世界に憧れて「起業しよう」と思い立つ。
そんな生半可な意思で事業を始めたら、大半の人はうまくいかないです。
ですが、ごくたまに「うっかりうまくいっちゃう」人がいて。
そういう人が在宅事務代行に目をつけるというパターンが増えてきました。

でも、いくらセレブっぽく見せていても、その実態は惨憺たるものです。
お金の出入りが激しくて、「今、お財布にどれだけ入っていますか?」すら答えられない。
だから、見せかけの収入がいくら多くても、本当は誰かにお仕事を依頼するほどの資金は持っていません。

そもそも、前提条件として「セレブに見せるのは簡単」です。
ただ単に

  • それっぽい服装をして
  • それっぽいポーズを取り
  • ゴージャスに見える背景を探してきて
  • 自撮りしてSNSに投稿する

これだけでいいですから。

今度、それらしい方を見かけたら「本人が意識してない状態で撮られた写真」を、探してみてください。
「本当のあなたは、ショボいんだね」って思うはずですから!

私がクライアントにしたい方の人物像とは?

「じゃあ、山田さんはどうしているのか?」を今からお話ししますね。

私が関わりたいクライアントの人物像は、一言で書けば「地味」です。
たとえば

  • 大勢の人がいると目立たなくて、下手をすると埋もれかねない
  • 地に足がしっかりとついている物腰と言動
  • Twitterやフェイスブック、InstagramといったSNSはアカウントすら持ってない

こんな感じかな。
なので、私のことをSNS経由で見つけるというケースは皆無です。

他にも選択基準はあるけれども、最も重視しているのが「地味である」ということ。
覚えておくと損はないので、ちょこっと意識してみてください。

私はこの感覚を、たくさんの失敗を積み重ねて身につけました。
でも、あなたにはそんなつらい思いをしてほしくありませんし、その必要もありません。

「誰をクライアントにするのか?」
これはどんな事業をするのであっても、超重要ポイント。
在宅事務代行を仕事に選ぶのであれなば、クライアントとは長く関係を持ち続けるますから、ぜひとも押さえておきましょうね。


参考にしたい記事

在宅で事務代行を始めたい方に、最新情報をお届けします!

「事務職経験が生かせる、在宅で始められる安定したお仕事にチャレンジしたい」
「今の自分を変えて、もっと軽やかに生きたい」

そう思うあなたにピッタリの最新情報やビジネスコラムを配信しています。
ご登録はこちらからどうぞ!