自分の人生を他人に丸投げするのは、罪深いこと

自由に物事を決められる権利を持つことは、とてつもなく重たいこと。
自分ひとりのことを決めるのですら重たさを感じるのに、他人のことまで決めなければいけないのは、ストレスでしかありません。

「決める権利を相手に譲るのは、相手が何でも自由に行動できるようにするため」

彼らはそう言うけれども、それは自分のことを他者に無理矢理決めさせるのと同じこと。
つまり、自分の人生を放棄して他者の言いなりになることと、同じ意味なのです。

ねぇ、知ってる?
私はあなたのことを負担に思っていることを。
あなたの人生に責任を負うつもりなんて、これっぽちもないことを。
自分がどうありたいのかはあなた自身にしか決められないことであり、それを決める場にはあなた以外の誰一人としていない。

「今日のランチは何がいい?」に具体的な提案をするところから、始めようか?
「食べる」という毎日しなければいけないことについて、毎回、自分の意思を確認するくらいがちょうどいいトレーニングになるから。

在宅で事務代行を始めたい方に、最新情報をお届けします!

「事務職経験が生かせる、在宅で始められる安定したお仕事にチャレンジしたい」
「今の自分を変えて、もっと軽やかに生きたい」

そう思うあなたにピッタリの最新情報やビジネスコラムを配信しています。
ご登録はこちらからどうぞ!