毎日、家事と育児の繰り返し。
このままじゃ社会から取り残されるような気がするし、働いていないから自分のためにお金が使えない。

会社と自宅の往復で、私の1日は終わってしまう。
お給料も上がらないし、いっそのこと副業にチャレンジしてみようか。

今のあなたは、現状に満足していますか?
「あと3万の収入があれば、生活が一変する」と思ってはいませんか?

「あと3万円」を実現する、在宅で働くフリーランスの事務代行という道があります

こんにちは!
山田亜希子です。

在宅でフリーランスとして事務代行をすることでお金をいただくスタイルで、2010年の終わりからお仕事をしています。
これまでの実績が認められ、「在宅でのフリーランス事務代行のことは、山田さんに聞くといい」と言われるようになりました。

「月に3万円を得るために、会社で働くことが難しい方がいる」という問題

3万円であれば、ほんの少し外で働くだけで手に入れることはできます。
週に2回程度・短時間のパートやアルバイトだけで十分ですから、正社員として就職する必要はまったくありません。
ですが、この「外で働く」を選ぼうとした時点で

  • 子育て中のママは、保育所を確保しなければいけない
  • お勤めしているOLさんは、他の会社にアルバイトには行けない
  • 長く社会から離れていると、アルバイトに行くことに尻込みする

といった、「自宅から出て」「パートやアルバイトとして」働こうとすると、それぞれの立場ならではの問題が発生します。
あなたにも心当たりはありませんか?

3万円を得ようとするがために発生する様々な障害を、一気に解決する方法。
それは「在宅でフリーランスとして働く」という道を選ぶことです。
ずっと自宅にいるので、お子さまのいるママにとっては子育ての合間にお仕事ができます。
フリーランスなので、「会社にバレるかも?」というOLさんにありがちな心配は一切ありません。
自分のペースで仕事ができるので、「職場のペースが早くてついていけないかも?」と不安に思わなくても済みます。

つまり

  • 在宅で
  • 会社に所属することなく
  • 自分の都合やペースに合わせて

仕事ができる。
これが在宅勤務のフリーランスが持つメリット、というわけです。

ですが、「在宅」「フリーランス」と言われても、ピンと来ないかと思います。
日本では会社に雇用されて働く方が大半なのでこれらの言葉に馴染みがない方が多く、「自分とは遠く離れた、違う世界の話」と思うのも無理はありません。
超えることが難しく感じられるこれらふたつのハードルをクリアするために私からおすすめする職種が、私自身が選んで経験を積んできた「在宅のフリーランス事務代行」です。

introduction01

在宅で働くフリーランスの事務代行が、なぜよいのか?

私が事務代行をよいと考える理由。
それは、確実に需要があるからです。

「独立・起業する」という働き方が、すっかり一般的になりました。
その大半は幅広く社員を募集して大規模に始めるものではなく、社長ひとりで小さく始める事業が大半です。
私自身も私と社員ひとりの小さな会社の社長なのでよく分かるのですが、社員が少ないと社長自ら事務や雑用をこなしているものです。
とはいえ、事務や雑用は社長がするべき業務ではありません。
社長には社長でなければできない大事な仕事が山ほどあり、本来はそちらに集中するべきです。

そんな社長さんたちの持つ願い。
それは
やればすぐに終わるはずのこの事務作業を、自分の代わりにしてくれる「誰か」がいればいいのに…
というもの。
なのですが、「1日30分程度」といった作業量なので、自分専属でアルバイトスタッフを雇うほどでもありません。
この30分を担うのが、私たちフリーランスの事務代行というわけです。

事務職の経験がある方も、そうではない方も選ぶことができるのが、在宅勤務のフリーランス事務代行です!

私には事務職として勤めた経験は一切なく、会社員時代はシステムエンジニアでした。
にもかかわらず、自分にできることを中心にフリーランスの事務代行として、これまでに30件ほどの企業や個人事業主、フリーランスの事務を担当してきた中で延べ1万人以上のお客様対応を通じて、誰よりも多くの現場を見てきました。
また、現役で在宅スタイルのフリーランス事務代行「事務屋」として活躍している方の中には、私と同じ「事務職の経験がゼロ」の方がたくさんいらっしゃいます。
職種としては元・看護師の方が事務屋として堅調な実績を残しているという傾向があり、その他にも販売員、飲食関係など様々な職種から事務屋になっています。
事務職の経験を生かしてお仕事をしている方も、もちろんたくさんいらっしゃいます。

「分からないから、やらない」
「在宅で副業としてフリーランスの事務代行をする」という仕事を選ぶことに関しては、こう思うのはとてももったいないことです。
なぜならば、ひとたび分かってしまえば「これならば、私にできる!」と考えが変化することを、私は知っているから。

なので、「フリーランスの事務代行ってどんなお仕事?」を、ぜひ気軽に聞きに来てください。

フリーランス事務代行「事務屋」をやるのか、それともやらないか?
「在宅で働くフリーランスの事務代行がどんな感じなのか?」その実態を知ってから決めても遅くはありません。
興味はあるけれども、不安があってスタートを切れない方にぜひ来ていただきたいと思っています。

introduction02

「事務屋のための入門講座」講座内容

内容1:働きたい女性を取り巻く、様々な問題

「働きたい」と思う女性には、越えなければならないハードルが数多くあります。
これらの障害が何であるのかを明らかにした上で「どうすれば解決するのか?」をお話しします。
難問ではありますが、手段がないわけでは決してありません。

内容2:フリーランスの事務代行「事務屋」、お仕事の実態とは?

「在宅でフリーランスという形で事務代行をするって、実際には何をしているの?」
これを知りたい方がとても多い理由は、「事務屋とはこのようなお仕事ですよ」という情報が出回ってないから。
この講座ではフリーランス事務代行「事務屋」のお仕事としてよく言われる

  • お客様の代わりに、商品を買ってくれた方に対してメールで対応
  • お客様の持つホームページを決まった方法で更新する、単純な作業
  • お客様が移動する際の交通機関や宿泊の手配

はもちろん、情報が広まらない理由も合わせてお伝えします。

内容3:在宅でフリーランスの事務代行をするために超えるべき、ふたつの壁

仕事内容も分かりにくいけれども、

  • お客様はどうやって探すの?
  • どれだけ稼ぐことができるの?

に関してはほぼ情報がないのが現状です。
このふたつは大事な情報なので、事務屋を始める前にぜひとも押さえておきたいポイント!
そこで、この講座では山田を始めとした在宅でフリーランス事務代行をしている方について、具体的な情報をいくつかお伝えします。
実例を知ることで、「お客様と出会えないかも」「働いても収入にならないのかも」という不安を解消してくださいね。

事務屋のための入門講座:テキストデータ

講座を受講する方はプリントアウト、またはタブレットやスマートフォンにダウンロードして、必ずご持参ください。

事務屋のための入門講座
事務屋のための入門講座:テキストデータ

事務屋のための入門講座とは?

こんな方のお役に立つことができます!

これらの中にひとつでも当てはまることがある方は、ぜひお越しください。

  • 保活の激戦区にお住まいで、お子さまを保育所に預けるのが難しいママ
  • 家事や育児と仕事の両立に悩んでいるママ
  • 在宅でできて、確実に収入を得ることができる副業を探している会社員
  • 職場までの通勤時間が長く、通勤地獄から解放されたいと思っている会社員
  • ご主人が転勤族で、一般企業への就職をためらっている主婦
  • お子さまの教育費を無理なく手に入れたいお母さん
  • 空いている時間を生かして収入を得たい、子育てが終わった主婦

事務屋のための入門講座を受講した後に得られる結果

事務屋のための入門講座を受講すると、このようなことができるようになります。

  • 在宅で事務代行をする人が、どのような業務を行っているかを知る
  • 事務屋として4つの働き方があり、それぞれの違いを知る
  • 4つの働き方には得られる収入に差があることが分かる
  • 在宅の事務代行「事務屋」を始めるのに必要とされる能力を得る方法が分かる

「事務屋として働くとはどのようなことなのか?」の実態を知り、スタートする前に疑問を解決できる講座です。

introduction03

日時・場所・詳細

日時・場所

2018年02月・東京(青山)

  • 日時:02月27日(火)13:00~14:30(30分間の質疑応答タイムあり)
  • 場所:地下鉄・表参道駅付近会議室(詳細はお申し込み時にご案内します)

2018年03月・オンライン(平日・朝)

  • 日時:03月02日(金)10:00~11:00
  • 場所:ご自宅などのお好きな場所
    ※オンライン会議室システム「ZOOM」を利用します。(参考:ZOOMミーティングに参加する方法

受講料

  • 対面:5,000-(税別)(税込み:5,400-)(銀行振込)
  • オンライン:3,000-(税別)(税込み:3,240-)(銀行振込)
  • 再受講(対面、オンラインとも):1,000-(税別)(税込み:1,080-)(銀行振込)
    ※再受講の方は、お申し込みの際にメッセージ欄に「再受講」とお書き添えください。

受講した方のお顔やお名前を無断で公開することはありません。
周囲の方や会社に見つかる心配はありませんので、安心してお越しください。
お子さまと一緒に受講したい方は、オンライン受講をお選びください。

事務屋育成プログラム・コース比較表

comparison

お客様の声

これまでに事務屋のための入門講座を受けていただいた方から、このような感想をいただいています。

  • honeymammaさん
    それよりなにより、事務屋に興味を持っているかたが多いこと!
    年齢層もバラバラで、中にはもうすぐ出産を控えている方もいらっしゃいました。
    やっぱりママさんたちには自宅でできるお仕事が必要なんですね。
  • 田村尚子さん
    想像していたよりも働き方、仕事内容は多種多様で
    単なる事務作業だけでなく、クライアントが望むことであれば
    自身の経験や得意技を生かして報酬をいただくことができる仕事だと感じました。
  • 横屋まこさん
    私が印象的だったのは、在宅で働くメリットのひとつとして時間の自由があることです。
    ここ何年か、会社勤めをしながら病院に通うことがあり、時間の自由がきかず苦労したので…。
    時間の自由については特に印象的で考えさせられました。

在宅で働くフリーランスの事務代行に、女性と仕事、そしてお金の関係性から来る悩みを解消する方法があります!

「女性が仕事を持つ」というスタイルが当たり前になってから、長い年月が流れました。
少しずつ解消されつつあるものの、「会社」という場所はまだまだ男性優位です。
そのような社会の中、私たち女性は精いっぱい頑張っています。

ですが、このようなことを思いませんか?
結婚後にひとたび退職して専業主婦となると、再就職への道は厳しく独身時代の貯金が命綱。
貯金を使い果たしてしまったら、夫のお給料から自分のお小遣いも確保しないといけない。

結婚している・していないにもかかわらず会社員の道を選んだ女性も、決して安心はできません。
その理由は、勤めている会社が倒産したり、何かの理由で解雇された時点で収入源がゼロになるから。
失業保険を頂いているうちに、急いで転職を検討しなければなりません。

そして、子育てが終わって時間ができたとしても、社会復帰への道は難しいものです。
でも、そろそろご主人のお給料に頼らずに自分の力でお小遣いを確保して、自由に使いたいと思いませんか?

これらの悩みを解決する手段が、自分の手で仕事を得られて在宅で働くことができるフリーランスの事務代行「事務屋」を選ぶこと。
ただ、はじめてのことだから、不安や迷いがあるのは当然です。

ですが、ここにフリーランスの事務代行として様々な経験と実績を積んできた、私がいます。
また、2015年1月からスタートした事務屋になるための講座「事務屋育成プログラム」において、これまでに指導した受講者は各所で活躍しています。
事務屋として仕事を始めるには、私の講座を受講するのが一番の早道というわけです。

女性と仕事、お金から来る様々な悩みを解決し、同時にお客様に「ありがとう」と言ってもらえる「あなた」になる。
私はこのような女性を、ひとりでも増やしたいと心から願っています。