体験作業で得られたものは、スキルだけではありませんでした

こんばんは。

少し前になってしまいましたが、
「事務屋育成プログラム・2日間集中コース」を受講後、
「体験作業」をさせていただきました、おおつゆきこです。

今回いくつかの作業を指定されましたが、
その中で大部分をしめていたのが
「ブログ記事の定期再アップ」でした。

他の方も書かれていますが、
自分以外のアカウントでログインするなんて初めてのことで、
最初にログインする時には、もうものすごく緊張してしまいました。

そのうえ、心配しいの私は念のためにと、
作業開始の前日夜に一度ログインして、
再アップする記事の確認と手順をこっそりシュミレーション。
この事前シュミレーションは、時間に余裕がある時は
できるだけ行うようにしていました。

それでも実際の指定時間少し前にログインしてみると、
新たな記事がアップされていたり、ということもありました。

そんなイレギュラーな場面では、
時間にまだ余裕があれば山田さんに報告・確認のうえ、指示を仰ぐ。
時間がなければ、差しさわりのないと思える範囲で作業してから
事後報告。

それ以外にも、アップする記事の順序で気になることがあったり、
疑問に感じることがあれば、ひとつひとつ確認・報告をする。
もし自分で勝手に重大な判断をして、それが悪い結果に
繋がってしまったら、取り返しがつきません。

それでも、体験作業中にミスをしてしまったことがありました。
また、自身の予定の都合上、作業が行えない時もありました。

そんな時には、それがわかった時点で、少しでも早く報告する。
そして、指示などがあった場合に、迅速に行動するということが、
いかに大切か、身をもって体感することができました。

そんな風に体験作業をしていく中で、
実は私が最も大変だなぁと感じたのは、

『毎日、同じ時間に決まった作業をする』
ということです。

再アップという作業は、細心の注意や確認は必要ですが、
その手順だけをみれば、そこまで複雑で難しいものではありません。
やり方を覚えて、繰り返し実践することで、
確実にスキルとして身につきます。

ですが、毎日同じ時間、それも一日に複数回、
パソコンの前に座って作業をする。
時間にすればほんの数分。
これまで事務職として、日々のルーティンワークを
こなしてきた私ですが・・・、

再アップの指定時間は、ちょうど子供の朝ごはん、お昼ごはん、
お昼寝から起きる頃、そして晩ごはんの支度の時間。

もちろん、平日の日中に作業できますと言ったのは私自身で、
最初にこの作業指示を聞いた時には、問題なくできると
思っていました。

でも蓋を開けてみたら、思った以上に大変だということに
気付いてしまったのです。

まだまだ「ちょっと待ってて」が通じない相手にそれを言いながら、
それまでしていた作業や家事を一旦ストップして、デスクに座る。

できるかぎり家事の時間を少しずらしたり、
事前に確認しておけることは、空いている時間にしておいたり、
どうすればできるだけ子供のリズムを崩さずに時間をやりくり
することができるかと考えながら、色々と工夫をしていくことは、
想像以上にパワーが必要でした。
(私が時間の使い方が下手だというのもあるのですが・・・)

それを一か月間繰り返すうちに、今の私と子供の生活リズムの中で、
作業ができるタイミング、まとまって使える時間などが、
よりハッキリと見えてきました。

これはすごく重要なことだと思いました。
今、私が使える時間を知ることで、それに合わせたお仕事の
分量もわかってきます。
当たり前のことですが、
「自分の容量以上のお仕事は引き受けない」

張り切ってたくさんのお仕事を引き受けても、
無理を続ければ必ず最後にはパンクするものだと私は思っています。
(会社勤めの頃に経験してしまいました・・・)

それは、クライアント様はもちろん、
そばにいる息子にも大きな迷惑や負担をかけることに繋がります。
以前の感想にも書かせていただきましたが、
今の私は息子との生活を軸に、それに合わせたお仕事のカタチ
というものを模索し、「事務屋」という働き方にたどり着きました。

実はこの体験作業をさせていただくことが決まってから、
実際にスタートするまでの間に家族に関する事情が発生し、
指定の期間に作業ができないかもしれないという状況になりました。

そのため体験作業を辞退するべきか悩んでいたところ、山田さんより、
「作業の日程は変えることができます。ギリギリまで様子を見て
もらって大丈夫です。今は何よりも、家族のことを一番に考え、
優先してください」
との言葉をいただきました。
本当にありがたく、そして心強い気持ちになれました。

その後、無事に当初の予定のまま体験作業をスタートすることができ、
上にも書いたように、一か月後に終了となりました。

在宅で仕事をするうえで、考えるべきこと、
大切なことはたくさんあると思いますが、
私自身が強く感じたのは、現在の自分の力量、ライフスタイルを知り、
それに合わせた無理のないお仕事をしていくことがとても重要、
ということでした。
それを、今回の体験作業を通して、知ることができました。

小さな子供と向き合いながら、その合間の時間で、
今の私にできる作業の分量、時間、
そして先にも書きましたが、家族の事情により、
現在も自宅と県外を行き来している状況の中で、
今の私にできる業務内容を選べるということ。

パソコン一台持って動くことができれば、できる仕事はたくさんある!

それが、在宅で「事務屋」をするということの強みなんだと、
改めて感じることのできた貴重な体験でした。

ありがとうございました。

おおつ ゆきこ

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

在宅ワークとして人気沸騰中!
7日間の無料メール講座で、自宅で働く女性の新しい働き方「プロ事務」になる方法が学べます。