【感想】体験作業から得たもの

こんばんは。
事務屋育成プログラム 2日間集中コースを
受講しました、はるみと申します。
1ヵ月間体験作業をさせていただき、
たくさんの気づきを得ることができました。

体験事務作業を終えました

2月に受講した山田亜希子さんの
事務屋育成プログラム 2日間集中コース

その一環として、希望すれば
山田さんの事務作業を
1か月間体験させていただけます。

私は、つい先日、
その体験作業が終了しました。

私が担当したのは、

山田さんが
フェイスブックで投稿された記事を
1週間ごとにまとめ、

各記事に私のコメントをつけて
山田さんのブログで投稿する

というものでした。

心がけていたこと

期間はたった1ヵ月、
任された仕事はたったひとつだけれど、
学びや気づきの多い、とっても濃い時間を
過ごすことができました。

この1ヵ月、
私の頭に最も浮かんでいた言葉は、

「責任感」
「相手の立場に立つ」

とにかく、任された仕事には
責任を持つ!

人のブログに
IDやパスワードを使ってお邪魔すること

また、そのパスワードを
慎重に取り扱うこと

正確な仕事

山田さんの投稿記事に対して、
ひとつひとつコメントをつけること

期日までに仕上げること

そして、
お忙しい山田さんの
手間になる作業を増やさないこと

読者の方が読みやすい記事を
作成すること

など、
相手の立場に立って作業することを
心がけていました。

不意のトラブルから見えたこと

私事ですが、実はこの体験作業の間、
私自身の覚悟を試すようなことが
次々に起こっていました。

食中毒で苦しんだり、
突然、インターネットが全く
繋がらなくなってしまったり…

本当に焦りました。

だけど、
引き受けた仕事は
しっかりこなさなければならない。

今回は、何とか無事に
終えることができたけれど、

本当に仕事ができない!
という状況に陥ったら?!

それを考えると、
自分ひとりで仕事をするって
こういうことなんだな、と
その責任の重さに
身震いをしてしまいました。

私は、割と物事のリスクが
見えてしまうのですが、
(私はアキュムレーターです)

それで諦めるのではなくて、
じゃあどうすればいい?まで
考えるように努力をしています。

このとき思ったのは、
後々信頼できるチームでの仕事も
視野に入れる、ということ。

こちらの個人的な事情で、
クライアント様にご迷惑をかけることは
絶対にあってはならない。

身をもって実感したことです。

ただ考えているのと、
実際にやって感じるのでは
得るものの大きさは全く違います。

私の場合、
実作業自体だけではなく、
それに付随して
取り組む環境や状況からも
得るものがたくさんありました。

この先この仕事をする上での
ビジョンも見えました。

実際に、在宅で事務のお仕事をする感覚を
つかむことができますし、
きっと、なにかしらの
気づきや変化があるはずです。

山田さんの講座を受けられる方は、
ぜひ、事務作業も体験してみてくださいね!

貴重な経験をさせていただいた山田さん、
本当にありがとうございました。

在宅事務スタッフ・登録無料説明会

自宅で働きたい方は、チャンス!
業務拡大に伴い、在宅勤務の事務スタッフ登録会を全国各地で開催中です。
・10月20日(土):東京(品川)