お茶会は「正しく」活用しよう!

私のブログやフェイスブックって、読んでくださる方はとっても多いんです。
発信こそしてるものの「自分の存在」については積極的な行動を起こしていない私なので。
私を見つけてもらえてとてもうれしく思ってます☆

で、なんですけどね。
せっかく私という存在を知っていただいたあなたには。
もうひとつ「あること」をしてほしい。
それは行動を起こすこと。
特に自宅から外に出て、人に会って会話することが私からのおすすめです。

「読む」って書き手と読み手の間にやり取りがありません。
書く側は書きっぱなし、読む方も読み終わったらそれで終了。
次につながることがとても難しいんですね。
読んだことによって何かを考えるきっかけになればいいのだけれども。
考えた後にはやっぱり行動しないと、読んだ意味が薄くなるというのが私の率直な感覚です。

気軽に参加できるお茶会が最近はたくさんあるから、まずはそこからスタート!
私が自分でお茶会を企画することはめったにないけれど。
強いて言えば
「主婦の時間割の作り方」ワークショップはちょこっとお茶会的な要素が入ってます♪
今月末には大阪でお茶会の企画があるのでもしよかったら。

さらに次のステップとして。
お茶会に参加していくうちに「これは!」って思える方を見つけることができたら、その方と集中的に会う。
こういう行動を起こして変わっていった方を、自分自身を含めて私は何人も知ってます。
だからこそ「実際に会うこと」の大事さはよく分かっているつもりです。
なのであなたにも事情が許す範囲でいろんな方に会ってみてほしい。

そしてここからが本題。

お茶会の正しい使い方、それは「出会いの場」です。
お茶会は身になる情報を取りに行くっていうよりも、その場にいる方たちとご縁をいただくためにあります。
もっとハッキリ言えば、お茶会はセミナーの場でもコンサルティングを受けるための機会でもありません。

この1年ほど「お茶会のあり方を勘違いしてるんじゃ?」って企画の立て方をよく見かけます。
3,000円には3,000円の意義はあるものの、その中身は出会いの場を作ってくださった方へのお礼の気持ちに過ぎません。
なのでお茶会に何回参加しても重要な情報を得ることは起こりえないというのが私の考え。

3,000円のお茶会に5回何となく参加するよりも。
あなたが見込んだ方が開催する15,000円の講座を1回受講することを選んだ方がいい。
これがお茶会と講座の決定的な違いであり、お茶会がセミナーの領域に入ってはいけないと私が思う理由。

お茶会は誰かに会ってその人物像を確認した上で、あなたが次に会う人を探すために行く場所です。
今以上の高い効果が得られるようにお茶会を活用してほしいと私は願ってます。

在宅事務スタッフ・登録無料説明会

自宅で働きたい方は、チャンス!
業務拡大に伴い、在宅勤務の事務スタッフ登録会を全国各地で開催中です。
・10月20日(土):東京(品川)
・11月03日(土):大阪(新大阪)