「値段」は「力量」を表す

このメルマガを読んでくださっているということは。
セミナーやコンサルティング、いろんなセッションに興味があるのかなって思います。
そして、ご自身でも何らかのサービスを提供してらっしゃるのかもしれませんね。

それでは、さっき書いたようなサービスを今までに受けたことがある方へひとつ質問です。
「あなたがそのサービスを受けようって思った理由は何ですか?」

この質問に「これです」って答えられる方は意外と少ないですね。
いきなり聞かれたら答えられないか、「何となく」って言っちゃうかのどちらか。
これはサービスの種類が何であろうとも。
そして値段が高くても安くても変わりません。

「何となく」っていうことは本人はうまく説明できない。
でも「選んだ決め手」は何かあるっていう状態です。
じゃあこの決め手の正体は何なのでしょう?

ここに実は「値段」が出てきます。
それも金額としての高い・安いじゃなくて。
「この金額にする」と決めたサービスを提供する側の意識が影響するんです。

サービスを提供することでお客さまに貢献したい、幸せになってほしいって思えていたら。
素敵な方がたくさん来てくださいます。
そこには提供者側の「自己」はありません。
あるのは自分の商品に対する愛着とこれなら大丈夫っていう自信だけ。

そして「まだ自信がないから安くしよう」なんて考えてると、それなりのお客さましか来ないし。
お金さえもらえたら誰でもいいし、何でもいいなんて思っていると…
というわけです!
これは事務のお仕事を通じて必ず成り立つと実感しています。

「自分の名前で仕事をする」と決めたのならば、自分のサービスに自信を持ち、明確な意識と誇りを持って適正な値段をつける。
これができて初めて起業への入り口が現れるのだと私は考えます。
この境地に達する方がひとりでも多くなることを願っています。

料金設定には守るべきルールがある – 値段のつけ方講座

在宅事務スタッフ・登録無料説明会

自宅で働きたい方は、チャンス!
業務拡大に伴い、在宅勤務の事務スタッフ登録会を全国各地で開催中です。
・10月20日(土):東京(品川)
・11月03日(土):大阪(新大阪)