フリーランスとして事務代行として生計を立てる方法・その2

secret
昨日は1日、「フリーランス事務代行の真実」は投稿をお休みさせていただきました。
っていうか、表立った活動はほぼ何もせず、という1日。
(毎週金曜のメルマガは登録済みだったので、何事もなかったかのように配信されましたが…)

そして、今日も16時を過ぎるまでは、ほぼ何もせず。
こんなにやる気がないのって、久しぶりだなぁ。

まる1日、自分の中のお仕事スイッチをオフにして過ごし、ようやく回復してきたようなので、そろそろ今日の本題へ。

私のこのシリーズものに興味がある方であればぜひ知りたいであろう、在宅で事務代行としてご飯を食べていく方法について。
「その2」と題しているので、当然ながら「その1」はあるのですが。
私にとっての「その1」は当たり前すぎるのと、これまでに散々、書いてきたので、違う目線からという観点で。

オンライン秘書、という生き方

あなたは「オンライン秘書」という言葉を、聞いたことがありますか。
初めての方は、ぜひ検索してみてください。
最近、起業家さんやスタートアップ企業のメンバーから注目されている、新しい形の秘書さんです。

事務とは少し毛色の違う業務内容ではあるのですが、私のことに関心を持ってくださる方のうち、3割くらいは事務代行よりもオンライン秘書の方が向いてるなって感じています。
なので、もしかしたらあなたもそうかもしれません。

お仕事の内容は「社長さんの秘書が何をしているか?」を想像すれば、大きく外すことはないです。

たとえば

  • スケジュール管理
  • 外部や社内のアポイントメント調整
  • 会議室や会食するためのお店をリサーチ、手配
  • 取引先への贈答品の手配と配送
  • 季節の変わり目に、年賀状などの挨拶状を送付

という感じでしょうか。

これらの業務をオフィスに出社して行うのではなくて、遠隔にてオンライン上で行う。
「オンライン秘書」とは、このようなお仕事です。

オンライン秘書には、どうやってなればいいの?

うーん、これに関しては「これです」という決まったスタイルはないです。
営業方法を言葉にすると、在宅事務代行とあまり変わらないだろう、とは思っています。

おっ、過去記事を引っ張って来て気づいたのだけど、「ここ」を書いてないですね、私。

どこ行けばいいか?っていうと、クラウドソーシングサイト。
まずはワーカーとして登録した上で、こんな感じで動いてみてください。

「オンライン秘書になる具体的な行動手順を教えてほしい」あなたへ朗報です!

さっきピックアップした3つの記事を読んで書かれてある通りに行動すれば、オンライン秘書になることはできます。

ただ、私のことに興味がある方の大半は

「ここで行き詰まっているのですが、どうしたらいいか分かりません。教えてください。」

って駆け込める相談窓口があれば、勇気を出してやってみようと思えるみたい。

そのお気持ち、私もよく分かります。
そもそも、「昨日の投稿を、なぜパスしてしまったか?」の原因と解決策が、

  1. まあまあ大きな悩み事があって
  2. しかるべき相談窓口とつながったので
  3. 「どーしたらいいですか?」と、相談してみたところ
  4. かなり明確な解決策が提示される見通しが立った←今ココ
  5. 後は解決策を粛々と実行するのみ!

なので。

私には私の悩みがあります。
ですが、あなたのお悩みのひとつである「働き方」に対して

  • 在宅でフリーランス事務代行として働く
  • オンライン秘書になる

という解決策をご提案することと、仕事を得るまでの道筋を一緒に歩むことはできます。

あとは「私、やってみたいです!」と、あなたが手を挙げるだけ。
まずは、軽くこちらであなたのお話しを聞かせてくださいね。

投稿者プロフィール

山田 亜希子
山田 亜希子
在宅で働くフリーランス事務代行「プロ事務」創始者。
2010年よりプロ事務に従事する。

また2015年より「プロ事務育成プログラム」専任講師として、200名以上のプロ事務を輩出。
プロ事務の後進を要請する活動を続けている。

香川県在住。プライベートでは夫と娘、息子の四人家族です。

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

在宅ワークとして人気沸騰中!
7日間の無料メール講座で、自宅で働く女性の新しい働き方「プロ事務」になる方法が学べます。