地方在住の専業主婦が「在宅ワークで事務代行」になるために使った方法とは?

secret
このタイトル、ちょっと、いや、かなり長いかな?
いつもは「在宅事務代行の真実」ということでリアルでシビアな現実をお話ししているのだけど。
今日はちょっと趣向を変えて、「甘い」お話しをしようか、と。

在宅事務代行を始める前は、パッとしない専業主婦だった

私のことをある程度は知っている方なら、どこかで聞いたことがあるかな。
在宅事務代行を始める前の私のスペックは

  • 香川県高松市在住
  • 30代半ば(40歳に手が届くちょっと前)
  • 専業主婦、未就学児あり
  • 社会人として8年間のブランクあり

という、再就職するには決してよい条件じゃありませんでした。

「会社員時代はエンジニア」と言えば、聞こえはよいかもしれません。
けれども、3ヶ月も戦線を離脱していたらまるで別物になっているのが技術屋という世界。
ハッキリ言って「余計な知識がなくて若い分、新卒の方がずっとよい」という、厳しい現実でした。

もし、今の私が当時の私を見たら、間違いなくこう言うでしょう。
「あなた、何もできないのね。ウチじゃ採用できないわ」と。
何といっても

  • 即戦力となるスキルなし
  • すぐに熱を出すであろう子どもあり
  • 社会から離れて長すぎる

ですから!

「何の取り柄もない私」から「事務代行会社の社長」へとジョブチェンジした方法とは?

さて、ここからが本題。
こんな悪条件の中から、私が今の状態にまで上昇した過程を書いていきますね。

まず最初に手をつけたのが、スキルを身に付けること。
最初から在宅事務代行を志望していたわけじゃなかったので、使えそうな資格として

  • 整理収納アドバイザー1級
  • ライフオーガナイザー2級
  • 色彩検定2級

以上の資格を取りました。
私が色彩検定の資格を持っているのは、初めて公開するんじゃないかな。
仕事には使えなかったけれども、自分でホームページを作る時に地味に役立ってます。

で、お片づけの仕事を始めようとしたのだけど全然うまくいかなかったので、次の手を打ちます。
やったことは

  • 地元でアメブロをやっている個人事業主さんとつながる
  • 個人事業主向けの営業セミナーに参加

このふたつ。
私ひとりの力じゃ、できることはたかが知れています。
なので、「他人様の手をお借りしよう」というわけ。

この時に受講した営業セミナーの講師さんが、在宅事務代行としての私の最初のクライアント。
今でも頭の上がらない方ですね。
何といっても

  • 自分に合ったことをする大切さ
  • 「やったことがないから」といって、できないとは限らない
  • リアルで会うことの重要性
  • 私の中に備わっている「分析脳」の存在
  • 講師を踏み台にしてステップアップしてもよい

この5つを教えてくださったので。
(ご本人には「山田さんに教えた」という自覚はないらしい)

ここから先のお話しは、このあたりを参考にしていただければ!

地方に住む専業主婦だからこそ、できることがあります!

私は香川県高松市に住んでいることをハンディキャップだと感じたことは、一度もありません。
何しろ、住まいのことをネタにするだけで

  • そんな遠くから来るの!
  • えっ?普段はどうやってお仕事してるの?
  • 遠隔だけでそこまでお仕事できるなんて、すごいよね!

と、賞賛の嵐なので。
正直な話、私が首都圏や関西エリア、名古屋あたりに住んでいたら、ここまで有名になることはなかったでしょう。

「地方に住んでいるから、何もできない」と思わなかった。
ただ、それだけです。
都会に住んでいなくても、やれることはいくらでもあるんです!
むしろ「すぐに東京に出られるから」という気の緩みを持たなかった分、在宅事務代行会社の社長になるのは簡単だったかも。

あなたがどこに住んでいても、同業者と同じ土俵に乗ることができる。
それが在宅事務代行というお仕事です。
後は「あなたのやる気と工夫が、どこまで引き出せるか?」だけ。

やる気のある方は、いつでもこちらでお待ちしています。
「あなたがするべき工夫」を、私が準備していますので!

 

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

在宅ワークとして人気沸騰中!
7日間の無料メール講座で、自宅で働く女性の新しい働き方「プロ事務」になる方法が学べます。