フリーランス事務代行なら、自分の行動をSNSで垂れ流すのは厳禁です!

secret
昨日の投稿では、

  • 在宅で働くフリーランスの事務代行がFacebookをするのは、時間の無駄
  • 「SNSで営業を」と思っているのなら、Twitter一択

というお話しをしました。

なので、今日もSNSつながりで、前から気になっていることを出しますね。

「あなた、いつ、仕事してるの?」

FacebookやInstagram、Twitterを眺めていると、

  • 今、ランチに出ています
  • 今日はお友達とお茶してます
  • セミナーに参加して、学びが深まりました

といった投稿を頻繁に目にします。

SNSの使い方としてはごく普通であり、投稿自体に特に問題はありません。

ただ、フリーランスの事務代行に仕事を依頼したいクライアントの目線を考えると、この類の投稿は「百害あって一利なし」です。
その理由は「コイツ、いつ仕事してるんだ?」と思われるだけだから。

事務作業なのだから、決まった場所で行うのが当たり前。
(ちなみに、事務代行はカフェでのお仕事も禁止です。理由はまたいずれ。)

なのに、出かけている情報ばかりSNSで流したらどうなるか?
その結果は、もうお分かりですね。

「○○さんと一緒にいます」にも、要注意

また、SNSを見ているとよく流れてくる

「AさんはBさんと一緒にいます」

という投稿。
あなたにとっては、「あ、そうなんだ」としか思えないかもしれません。

でも、フリーランスで事務代行をしたいと思っているのなら、この投稿はNGです。
さらに言うならば、誰かにこういった投稿をさせるのも「ダメ、絶対」なんです!

たぶんこれだけじゃ分からないと思うので、こんなシーンを想像してみてください。

「あなたと一緒にいます」とタグ付けされたAさん。
もしかしたらクライアントにとっては、にくいライバルかもしれません。
自分が嫌いな人と一緒にいる事務さんにお仕事を頼みたいクライアントはいるでしょうか?

というわけ。

理由が分かったのなら、二度と勝手にタグ付けされることのないよう、すぐに設定を見直してくださいね。

フリーランス事務代行は、ネット上では「普段の暮らしなど存在しない」くらいでちょうどいい

フリーランス事務代行というお仕事には

  • 漏れなく、きっちり
  • ノーミスであることが当然
  • 気遣いなど「人間らしさ」は不要

といった「個人としてのあなた < 精度高く事務作業というサービスを納品する」という側面があります。

プロのサービスとして事務処理を提供するのだから、これらの項目を満たすのは当たり前です。

なので、SNSを営業ツールとして使うのならば、今日の行動が筒抜けになるような投稿は控えるのがおすすめ。
特に、あなた自身にはそのつもりはなくても、人によっては「いつも遊び歩いているから、信用できない」となりかねません。

ただ、「あなた」という人間が普段どのように暮らしているのか?という情報は、SNSで営業活動をするのなら必須科目。
私の経験から「人間味がなさすぎるのも、よろしくない」と、考えています。
要は「バランスよく発信すればいい」というわけです。

TwitterやFacebookは、在宅でフリーランス事務代行をしたい人にとっては強力な営業ツールです。
ただ、使い方を知らなければネガティブキャンペーンをガンガン打つことになりかねません。

「SNS、私はどうやって使えばいいの?」
そう思った方は、こちらへどうぞ。
あなたの性格に合った、使うといいSNSや発信方法をお話ししますね!

投稿者プロフィール

山田 亜希子
山田 亜希子
在宅で働くフリーランス事務代行「プロ事務」創始者。
2010年よりプロ事務に従事する。

また2015年より「プロ事務育成プログラム」専任講師として、200名以上のプロ事務を輩出。
プロ事務の後進を養成する活動を続けている。

香川県在住。プライベートでは夫と娘、息子の四人家族です。

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

今、大注目の働き方「フリーランス事務代行」の始め方が分かる、無料メール講座。
事務代行に必要なスキルや営業方法が、7日間の自宅学習で習得可能です。
メール講座を修了した方には各種特典あり!

□■メール講座・内容■□
【1日目】働くことにどんな問題を抱えていますか?
【2日目】「在宅勤務」という働き方には3つのメリットがある
【3日目】在宅ワークとして「事務代行」を選ぶということ
【4日目】自宅で働く事務代行のお仕事例
【5日目】在宅ワークを始めるには「○○」探しからスタート!
【6日目】在宅ワークはお仕事なので、「○○問題」を避けては通れない
【7日目】事務代行を在宅で始めるために必要な知識を学ぶ【特典あり!】