フリーランスの事務代行って、ご近所に隠れて始める仕事ですか?

secret
はい!タイトルの通り、終了!
と行きたいところだけれども、あまりにも愛想がなさすぎなので、もうちょっと書きますね。

在宅でフリーランス事務代行をしている人によく見られる「自分の名前を明かさずに仕事をする」ことに関して、こちらの記事の続きを。

副業であれば、名前を明かす以外にも取れる手がある

まず最初に言っておきたいことがひとつ。
それは、副業として在宅での事務代行をする方の存在です。

私の講座に来てくださる方の中にも、一定数、会社員をしながら在宅での事務代行サービスを手掛けている方がいらっしゃいます。

2018年は「副業元年」と呼ばれているものの、パラレルワークに対する世間の風当たりはまだまだ厳しくて。
就業規則などで「副業禁止」を謳っている企業が、まだまだ多いです。

ただ、彼女たちの中では

  • 生活するのに精いっぱいで、暮らしにゆとりがない
  • 趣味や旅行にお金を使いたい!

といった「会社員としてのお給料だけじゃ足りない」という声が多いのも、また事実です。

なので、副業として在宅で事務代行をする方は

  1. 前もって会社に話をして、本名で仕事をすること
  2. 事前に伝えるのが難しい場合も、名前以外の点はクリアにする(開業届、確定申告、銀行口座など)

としています。
「名前については致し方ない」という発想ですね。

この「致し方ない」の対策として私が提案するのが「屋号を使いましょう」
ここから先は、お金を払って私の話を聞きに来てくださいね!

主婦がフリーランス事務代行をするのなら、本名を出しても何も問題ない

じゃあ、「会社員じゃない方の場合はどうか?」というと、

「何の制約もないのだから、本名を名乗らない理由はどこにもない!」

です。

名乗りたくない理由はいろいろと聞くのだけど、今日はひとつだけ

「リアルで知っている人に見つかるのが嫌だ、怖い」

こちらを。

私から言わせてみたら、そんな甘ったれたことを言っているようじゃ、間違いなく1件も契約は頂けないです。
「そもそも、あなたは何か悪いことでもしようとしているのですか?」と言いたいですね。

もっとも、必死で頑張って事業が伸びていき、ご近所にバレる頃には

「近所の人、そんなの関係ねぇ!!!」

となってますから(爆)

普通に就職する時には本名を名乗るのに…

どこかの会社に就職する時のことを考えてみてください。
自分の名前として、何を名乗りますか?
よほどの特殊な事情でもない限り、本名を名乗ると思うのです。

それなのに、なぜフリーランスの事務代行をしようと考えた時は「本名を出すのは嫌、避けたい」と、感じてしまうのでしょうか?

あなたがそう感じてしまう理由を、よく考えてみてください。
もしかしたら、あなたの本当の願いは「働きたい」じゃないかもしれません。

「私、本当は何を望んでいるの?」
こんな疑問のある方は、こちらも検討してみてくださいね。

投稿者プロフィール

山田 亜希子
山田 亜希子
在宅で働くフリーランス事務代行「プロ事務」創始者。
2010年よりプロ事務に従事する。

また2015年より「プロ事務育成プログラム」専任講師として、200名以上のプロ事務を輩出。
プロ事務の後進を養成する活動を続けている。

香川県在住。プライベートでは夫と娘、息子の四人家族です。

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

今、大注目の働き方「フリーランス事務代行」の始め方が分かる、無料メール講座。
事務代行に必要なスキルや営業方法が、7日間の自宅学習で習得可能です。
メール講座を修了した方には各種特典あり!

□■メール講座・内容■□
【1日目】働くことにどんな問題を抱えていますか?
【2日目】「在宅勤務」という働き方には3つのメリットがある
【3日目】在宅ワークとして「事務代行」を選ぶということ
【4日目】自宅で働く事務代行のお仕事例
【5日目】在宅ワークを始めるには「○○」探しからスタート!
【6日目】在宅ワークはお仕事なので、「○○問題」を避けては通れない
【7日目】事務代行を在宅で始めるために必要な知識を学ぶ【特典あり!】