フリーランス事務代行に「駆け出し」なんて要らない!

secret
「起業」というキーワードでWeb巡回をしていたら、よくこんなフレーズを見かけます。

  • 駆け出しです
  • まだ初心者ですが、頑張ります!
  • 見習い事務代行
  • 今、修行中です

「こんなフレーズを口にする人って、どうよ?」が、今日のテーマです。

「この人、ちゃんと仕事できるの?」

今日は落としどころがハッキリしているので、先にコールを。
「こんな人、イラネ」が、私の結論です。

だって、危なっかしいじゃないですか、こんな人!

報酬を支払うクライアントの立場になってみれば、すぐに分かります。
「この人、ちゃんと仕事できるの?」ってね。

初心者でもできる、フリーランス事務代行のお仕事獲得方法とは?

何事においても、始める時は初心者。
これは間違いのない事実です。
いきなり「この道、10年」になんて、なりようがないですから(苦笑)

ただね、もっとうまいやり方はあると思うのです、私は。
たとえば

  • 会社員時代にやっていて慣れていることからスタート
  • 他のフリーランス事務代行さんから仕事をもらう、つまり下請けから始める
  • クラウドソーシングサイトでお仕事を探す

あと、他にも「こんな手があります!」はあるのだけれども、キリがないので私のブログを読んでみてください!

フリーランスには、「ハッタリ」と「コミュニティ」が必要です!

あとね、自分の名前で仕事を獲得したいなら、ある種の「ハッタリ」が必要です。

「どんな事務作業でも、できて当たり前」という態度で営業する、とか。
在宅事務代行をやり始めて1ヶ月であっても、「私、3年のキャリアがあります」という態度で発信する、とか。

前者については実際に私がやっていた方法ですし、後者についても他のサービスで私が取ったことのある手法です。

これくらいできて、ようやっと個人事業主として一人前。
「できません」じゃなくて「調べてやります」でOKというわけ。
(営業する時は「調べて」の部分は、言っちゃダメですよ)
必死で調べてもできない案件なんて、そう多くはありませんから!

そして、もしもの時のセーフティーネットとして、

  • 自分の苦手ジャンルが得意な同業者の情報を、常時リサーチ
  • 在宅で働くフリーランス事務代行のコミュニティに入る

といった対策が有効です。

フリーランス事務代行コミュニティの心当たりがない方は、私もコミュニティを持っているので、もしよかったらどうぞ!

個人事業主の「仕事できません」アピールには、何のメリットもない

当たり前ですが、フリーランス事務代行とは「仕事」であり、金銭の授受が発生します。
そこに、初心者の入るすき間など、どこにもありません。

私、率直に言って腹が立つんですよね。
「初心者」「駆け出し」「見習い」「修行中」っていう言葉に。

その理由は、これらの言葉の裏側に「ちゃんとした仕事はまだできないけれども、許してほしい」という甘い気持ちがあるから。
これらの言葉を隠れ蓑に責任逃れをしようとするのなら、在宅のフリーランス事務代行を仕事にしないでもらいたいですね。

「自分のやったことに責任が取れるようになる」
これがフリーランスの事務代行として最低限、求められる条件だと考えてほしい。
会社員と違って、あなたの代わりに謝ってくれる上司など、どこにもいないのですから。

投稿者プロフィール

山田 亜希子
山田 亜希子
在宅で働くフリーランス事務代行「プロ事務」創始者。
2010年よりプロ事務に従事する。

また2015年より「プロ事務育成プログラム」専任講師として、200名以上のプロ事務を輩出。
プロ事務の後進を養成する活動を続けている。

香川県在住。プライベートでは夫と娘、息子の四人家族です。

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

今、大注目の働き方「フリーランス事務代行」の始め方が分かる、無料メール講座。
事務代行に必要なスキルや営業方法が、7日間の自宅学習で習得可能です。
メール講座を修了した方には各種特典あり!

□■メール講座・内容■□
【1日目】働くことにどんな問題を抱えていますか?
【2日目】「在宅勤務」という働き方には3つのメリットがある
【3日目】在宅ワークとして「事務代行」を選ぶということ
【4日目】自宅で働く事務代行のお仕事例
【5日目】在宅ワークを始めるには「○○」探しからスタート!
【6日目】在宅ワークはお仕事なので、「○○問題」を避けては通れない
【7日目】事務代行を在宅で始めるために必要な知識を学ぶ【特典あり!】