出来のよい外注スタッフは宝、じゃあ、そうじゃなかったら…

secret
今日はちょこっと黒い話でも。

在宅でフリーランスとして事務代行をするのなら、避けては通れないのが外注スタッフを使うこと。

「持っている能力が分からないし、もしかしたら手痛いミスを出すかも」
「だから、誰かに任せるなんて…」

なんて思っていた私でさえ、こんな事件をきっかけに

外注スタッフを積極的に使う方針に転じました。

能力の低い外注スタッフは、切られて当然

方針を変えたとはいえ、外注スタッフを見る目は同業の方の誰よりも厳しいと自負しています。
私が仕事を発注して、3ヶ月以上変わらずに仕事を出しているスタッフはほんの一握り。
1回だけで終わるケースが、その大半を占めます。

タイトルにした通り、出来のよい外注スタッフは私にとって大切にするべき宝。
なのだけれども、そうじゃない人は単なるお荷物。
不要だと判断した時点で、速攻で切るのは当たり前だと考えています。

フリーランス事務代行は仕事なのだから「言われた通り」にしろ!

フリーランス事務代行は、当たり前ですが責任のある「仕事」です。
そこには遊びの要素は一切ありませんし、在宅での事務代行をしたい人のトレーニング場でもありません。
「ご指導」とか「勉強になります」は、一切不要ですね。
私はあなたを「フリーランス事務代行として育てている」わけでは、ありませんから!

「お仕事として在宅での事務代行ができるようになりたいので、私を指導してほしい」
そういう方にはプロ事務育成プログラムを用意しているので、そちらへどうぞ。

私が外注スタッフに求める素養。
それは、私の指示通りに動くこと。
そして「私が指示しないこと」は、一切しないこと。
さらに言えば「言葉にしない私の意図を、100パーセント正確に読み取り、その通りに振る舞うこと」

「それって無理なんじゃ」と、あなたは思うでしょう。
ですが、これができる人がいるのを知っているので、あえて要求します。

レベルの高い外注スタッフは、どこにいるのか…

事務代行から仕事をもらう外注スタッフは、元請けがクライアントから頂いた報酬を分け与えられる存在です。
つまり「私の指示通りに動けない人 = 仕事ができない人」に払う報酬は1円たりともないというわけ。

だって、クライアントは私に対して仕事の成果を得る対価として報酬を出してくださるのであり。
その大切な報酬を、私が満足できないクオリティの成果物しか出してこない人になど、絶対に渡せませんし渡したくありません!

この厳しさを持っているからこそ、アージュスタイルはクライアントに信頼され、大事なお仕事を任されている。
にもかかわらず、今はごく少数の優秀なスタッフに、多大な負荷をかけているのが現状です。
(みんな、ごめんね。そして、いつもありがとう!)

私の基準を満たす外注スタッフを探す旅は、まだ続きます!

参考にしたい記事

投稿者プロフィール

山田 亜希子
山田 亜希子
在宅で働くフリーランス事務代行「プロ事務」創始者。
2010年よりプロ事務に従事する。

また2015年より「プロ事務育成プログラム」専任講師として、200名以上のプロ事務を輩出。
プロ事務の後進を養成する活動を続けている。

香川県在住。プライベートでは夫と娘、息子の四人家族です。

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

今、大注目の働き方「フリーランス事務代行」の始め方が分かる、無料メール講座。
事務代行に必要なスキルや営業方法が、7日間の自宅学習で習得可能です。
メール講座を修了した方には各種特典あり!

□■メール講座・内容■□
【1日目】働くことにどんな問題を抱えていますか?
【2日目】「在宅勤務」という働き方には3つのメリットがある
【3日目】在宅ワークとして「事務代行」を選ぶということ
【4日目】自宅で働く事務代行のお仕事例
【5日目】在宅ワークを始めるには「○○」探しからスタート!
【6日目】在宅ワークはお仕事なので、「○○問題」を避けては通れない
【7日目】事務代行を在宅で始めるために必要な知識を学ぶ【特典あり!】