個人事業主として事務代行をするならば、本名を使わなければいけない理由とは?

個人事業主として事務代行をするならば、本名を使わなければいけない理由とは?
「事務」というキーワードで仕事をするなら

  • カタカナの名前
  • ひらがなが入っている名前

これらに当てはまる名前を名乗るのはやめよう!
と、いつも言っています。

本名がこれらの条件に当てはまるのなら、当然話は別です。
ですが、基本的には「事務代行は、本名で仕事をすること」が鉄則です。

事務代行が本名を名乗らなければならない理由

その理由はとてもシンプル。
「私は信用・信頼していただくに値する人間です」を、端的に表すことができる行動が「自分の名前を名乗る」だから。

逆の立場になって考えてみたら、また違う側面が見えてきます。
事務という仕事は、お客様の「奥向きの情報 = 重要な情報」を取り扱うケースが非常に多いです。
たとえば、私がこれまでに取り扱ったお客様の情報としては

  • ご本名
  • 自宅住所
  • 講座を受講する方の個人情報(氏名、携帯電話番号、メールアドレス、生年月日、住所など)
  • 売上額
  • 納税額
  • 日々の行動(仕事、プライベートの両方)
  • プライベートの交友関係

パッと思いつく限りでもこれだけあります。
この他にも、守秘義務があるので公にできない「えっ、そんなことまで知っているの?」な情報も、これまでに数多く扱ってきました。

これらの「公開してはいけない情報」を、お客様は「私」という事務代行を信用・信頼して開示してくださっている。
にもかかわらず、私が

  • 会社にバレてはいけないから(ずっと専業主婦だったので、これは当てはまりませんが…)
  • ママ友やご近所の人にバレたくない(言わなければ済むだけ)

といった、お客様とは何の関係もない個人的でくだらない事情のせいで、本名を明かさない。
こんな態度を取ったとしたら、果たしてお客様はどう思うでしょう?

以上の理由から、私は
フリーランスの事務代行は、本名を名乗って仕事をするべし
と、ずっと言い続けています。

もしも、お客様に本名を公開することに抵抗感があるのなら、他の事務代行さんからお仕事を頂いて下請けになるのがいいです。
これならば、「あなたの名前は?」と、とやかく言われることもないでしょうから。

ここまで言われても本名を名乗りたくない、事務代行をやっているあなたへ

実はこのエントリーは、具体的なある人に向けて書いています。
それが誰であるかはここでは明かしませんが、おそらくは今、お仕事にブレーキがかかっているように見えているので、最後の忠告として。

事務代行は、信用・信頼が第一です。
「自分の本名を名乗る」は、最低限の責任だと心得ること。
仕事の腕がいいのも当たり前ですが、それは二の次です。

あと、最後にひとつ。
どうしても本名を使いたくないのなら、法人格を持つという手段があるにはあります。
ただ、会社を設立するのは

  • ずっとビジネスを続けていく
  • 現状がどれほど悪化しようとも、逃げたり隠れたりしない

といった一種の覚悟が必要です。
本名を名乗ることよりもずっとハードルが高いと思うのですが、あなたはどう思いますか?

在宅事務スタッフ・登録無料説明会

自宅で働きたい方は、チャンス!
業務拡大に伴い、在宅勤務の事務スタッフ登録会を全国各地で開催中です。
・10月20日(土):東京(品川)