在宅フリーランス事務代行のあるべき姿・実践編

フリーランス事務代行が持つべき能力をひとつだけ挙げよ、と言われたら、私は「お客様の意図を正確に把握し、忠実に実行する能力」と答えます。
どちらも簡単なように見えて、一筋縄ではいかないのですよね。
特に相手の意図を把握することは、一生勉強だと感じています。

私たち事務代行に、提案能力はいらない。
必要とされるのは確実に業務を遂行するために必要な能力であり、そこに「提案」という言葉はありません。


こちらの記事の続きです。

(書くのを忘れていたのは、内緒です)

事務っていうお仕事は、「誰かが、何かを形にしたい = 起業したい」という想いがあって初めて出番が与えられます。
何かを成し遂げたい誰かのために、その想いを現実にするための主に表に見えない部分の業務をご本人に代わって行うのが事務代行の本分。
お客様の想いが「意図」であり、その意図をそのままの形で世の中に出すために「忠実さ」が求められるというわけです。

事業において、事務は主役ではありません。
あくまでも主役はお客様であり、お客様の抱く想い。
主役を差し置いて目先の効率化を図るために業務の改善案を出す事務代行ならば、お客様にとっては百害あって一利なし。
「むしろ、いない方がいいんじゃないの?」なレベルです。


フリーランスの事務代行であるのなら、お客様の意図に忠実であれ。
そして、お客様の想いを無にする行動は現に慎むべし。

誰が該当するのかを名指ししてもいいのだけれども、今はまだ黙っています。
時が来たらいずれは公開しようとも考えています。

ですが、わざわざ私がこんな発信をしなくてもいい状態に早くなってほしいと、心から願っています。

在宅事務スタッフ・登録無料説明会

自宅で働きたい方は、チャンス!
業務拡大に伴い、在宅勤務の事務スタッフ登録会を全国各地で開催中です。
・10月20日(土):東京(品川)
・11月03日(土):大阪(新大阪)