フリーランスの事務代行を待ち受ける「未来」とは?

私は「私」を隠して仕事をした方がいいような気がしてきました。
ここで言う「私」とは、私が持つスキルのこと。

個人事業主として6年、法人化してから1年が過ぎて「今のお客様は、山田亜希子ができることなんてどうでもいいから、きっちり仕事してほしい」とお考えであることに、今、ふと気づいた次第。

事務代行が仕事なのだし私が現場に入ることはないのだから、当たり前と言えば当たり前ですね。
実際に作業を担当するスタッフがどれだけお客様のご要望に応えることができるのか?
そして、スタッフを束ねる代表の私がどのような人物で、果たして信頼に足るのか?
お客様に求められているのはこれであろう、と。

「事務代行の代表に、スキルは求められない」
「事務代行の作業担当に、パーソナリティは求められない」

依頼された業務がきっちりこなせたらそれでいいのだから、代表は誠実な人柄が求められるし、作業担当には確かなスキルが求められる。
このふたつの要素を、ひとりで同時に持つのは無理なのではないかと、私は考えます。

その結果「スキルを売りにするフリーランスの事務代行は、この1年くらいで完全になくなるのかも」なんて思っているので、私が手掛けている「事務屋育成プログラム」の方向性は、どうやら正しかったようです。
「チームを組んで仕事をするなら、今のうちにチームメンバーを確立するべし」というわけです。

いやぁ、読みを外してなくて、本当によかった!!

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

在宅ワークとして人気沸騰中!
7日間の無料メール講座で、自宅で働く女性の新しい働き方「事務屋」になる方法が学べます。