コミュニティは、すぐに「劣化」する


フリーランスとして自分の名前を看板にして仕事をするようになってから、もうすぐ8年が過ぎようとしています。
この8年間で私が感じること、それは「コミュニティはすぐに劣化する」ということです。
これまでに3つのコミュニティに所属してきましたが、その末路はどれも悲惨なものでした。

コミュニティの終焉その1 – 象徴的存在の「雲隠れ」

私が最初に所属したコミュニティは、最近では「下火になったのでは?」と思われている「女性の起業」をテーマにしたもの。
私がここにいた、というのは、知っている方も多いのでは?

このコミュニティ、今でも運営しているのですが、その劣化ぶりがとにかくひどくて。
その理由は「立ち上げた本人が、運営陣から外れている」から。
追い出されたわけじゃなくて、他の人に任せる形で本人が外れたように私には見えているのだけど、それからがもう、ね(以下略)

コミュニティ運営にカリスマ性は不要です。
だけれども、誰かのカリスマを軸に成立しているのなら、ずっと本人がその場にい続ける必要があるんじゃないのかな。

ほぼ成立当初から追い続けていますが、

  1. 盛り上がる
  2. カリスマが抜ける
  3. 下火になる
  4. 慌ててカリスマが戻ってくる
  5. 「1」に戻る

という流れも4ターン目に入り(今は「3」です)、盛り上がりの山も小さくなっているみたい。
一度は関わったコミュニティなので緩く追っていますが、そろそろその必要性を感じなくなっている今日この頃です。

コミュニティの終焉その2 – 運営陣の暴走

このコミュニティに私が所属していたことがあるのは、ほぼすべての人が知らないはず。
ついでに言うと、参加していたのが実は「私」であることを、そのコミュニティのメンバーはほぼ知らなかったのでは?
何せ、このコラムでの人格である「山田亜希子」とは、別人格での所属だったので。

このコミュニティは、今は「夢の跡地」っていう感じになってます。
私がいた頃はいい雰囲気だったし居心地もよかったのだけど、いつしか運営陣のメンバーに対する管理と言論統制が出てきちゃって。
「もう、ここからは抜けよう」と決めた頃には、運営陣にとって少しでも気に食わない発言や行動をするメンバーに対して

  • 運営陣とやり取りしたメッセージを、実名を挙げてネット上で公開する
  • 気に食わない行動を、逐一、時系列でネットに晒す

という状態に。
身の危険を感じたので、仕方なくドロップアウトしました。

このコミュニティは今でもあるけれども、うっかりSNSで動向が流れてきたらそっと閉じてます(苦笑)

コミュニティの終焉その3 – コミュニティの抱える「ふたつの問題」とは?

ここまで書いたコミュニティは、参加費無料のコミュニティ。
でも、最後のひとつは有料、しかも割とお高い金額を払って参加するものでした。

結成当初から参加していたこのコミュニティ、最初はよかったんです。
払っている金額に見合う情報やサービスは提供されていたし、満足度もとても高い水準で。
「あぁ、やっと安住の地に出会えた」と、当時の私は感じていました。

でも、長く同じコミュニティを運営するのは、いろいろと大変です。
運営陣が同じスタンスで関わり続けるのは難しいですし、生身の人間なので、いつ、何が起きるか分かりませんから。
このコミュニティは、運営陣の中でも中心的役割を担っていた方が体調不良を起こしてからというもの、

  • 払っている料金に見合うサービスが提供されているとは言い難い状況に
  • 新しいメンバーが入ってくるたびに、コミュニティの質が低下する

という状態に。

私はこのコミュティで中心的役割の方が大好きで(今でもそれは変わりません)入っていたのですが、その方が不在であれば参加する意味と価値はまるでなく。
それでも1年ほどはズルズルと参加していたものの、コミュニティの運営状況に関して回復が見込めないと判断したので退会しました。

今の私が参加している、ふたつのコミュニティとは?

さて、そんな私が、今参加しているコミュニティは、ライフエンジンとかさこ塾です。
持っている性質はまったく違いますし、方向性や目的も異なっていますが、どちらも今の私には必要と判断していますし、楽しく関わっています。

■ライフエンジン

 
■かさこ塾

 
あ、このふたつのリンク、どちらも主催の方のブログやTwitterです。
どちらもコミュティそのもののホームページはあるのですが、発信を見た方が様子が分かりやすいので。

これまでに入って失敗したコミュニティは、すべて仕事に関するものばかり。
どこもそれなりに役には立ったけれども、最終的には劣化を起こしていきました。
仕事柄、私にコミュニティ運営を求める声があるのは知っているけれども、この惨状を知っているので今の時点では自分のコミュニティは「No Thank you.」です。

コミュニティには金銭をはじめとした利害関係を持ち込むのではなく、所属する各人が居心地よく楽しむための場であってほしい。
そして今の私にとっても、コミュニティは仕事に直結するものではなくて、個人として誰かと関わる「場」なのかな、と感じています。
 

在宅事務スタッフ・登録無料説明会

自宅で働きたい方は、チャンス!
業務拡大に伴い、在宅勤務の事務スタッフ登録会を全国各地で開催中です。
・10月20日(土):東京(品川)
・11月03日(土):大阪(新大阪)