「チャンス」の正しい掴み方


今、あなたの目の前にあるチャンスは、今だけのもの。
だからといって、掴まなければいけないのか?と言えば、そうではない。
掴むべきチャンスが現れた時は、迷うことなく手に取ることができるから。

迷った時は、一歩引いてみる。
チャンスを確実に活かすために、これもまた必要なことなのです。


ここまでが私の伝えたいセオリーなのですが、

  • 迷わずすぐに行動するだけでよい時に、おかしなためらいを出して千載一遇のチャンスをスルーする
  • 迷うべき時に血迷って、冷静に判断できずにチャンスではないものを手に取る

と、適切に実行できている人は本当に少ない!

別の視点から見れば、自分にとっての「正しいチャンスの掴み方」を知っておくだけで、他者よりも一歩、いや百歩先んじることができます。
昨日、そして今朝と立て続けに2回、「それ、違いますよね!」な事例を見かけたので備忘録として、そして二度と同じ事をしないために残しておきます。

投稿者プロフィール

山田 亜希子
山田 亜希子
在宅で働くフリーランス事務代行「プロ事務」創始者。
2010年よりプロ事務に従事する。

また2015年より「プロ事務育成プログラム」専任講師として、200名以上のプロ事務を輩出。
プロ事務の後進を要請する活動を続けている。

香川県在住。プライベートでは夫と娘、息子の四人家族です。

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

在宅ワークとして人気沸騰中!
7日間の無料メール講座で、自宅で働く女性の新しい働き方「プロ事務」になる方法が学べます。