メールに目を通す順番

いろいろと試してきたのですが、今は大量にやって来るので

  1. 返信の必要がなさそうなもの
  2. すぐに返信できそうなもの
  3. 返答内容を考える必要がありそうなもの

としています。
各種メッセージも同じように仕分けした上で見るようにしています。

すべて「そうなもの」になっている理由は、人によって似たような用件であっても

  • 書き方
  • 分かりやすさ
  • メールそのものの長さ

これらの要素によって「1」なのか「2」なのか「3」なのかが変わってくるから。
つまり、やり方次第で受け取る相手の負担感は変えられる、というわけですね。
誰から来たのかは見れば分かるので、「1」に近い方法で文章を書く方からのメールから順に目を通しています。

要素が足りないのはもちろんダメだし、「事細かく書けばいい」というものでもない。
文章を使って誰かとやり取りするのは難しいなと感じます。

在宅事務スタッフ・登録無料説明会

自宅で働きたい方は、チャンス!
業務拡大に伴い、在宅勤務の事務スタッフ登録会を全国各地で開催中です。
・10月20日(土):東京(品川)