「努力している自覚があるのなら、それは仕事として選ぶべきではない」という話

自分の名前で仕事をしたいのなら、努力をするのは当たり前。
さらに言えば「努力している」という自覚がないことを選ぶと、なおいいです。
努力って短期的にはできても、長続きしませんから。

なので、私はブログを書いてます。
文章を書くことが、私にとっては当たり前のようにできてしまうことだから。

あと、最近はどんなに短くても「くだらない」って思っても自分が言いたいことを極力そのまま発信しています。
狙って書いた文章ほど反応が薄くて、「えっ、これいいの?」と思うようなものほど評価してもらえるので。

投稿者プロフィール

山田 亜希子
山田 亜希子
在宅で働くフリーランス事務代行「プロ事務」創始者。
2010年よりプロ事務に従事する。

また2015年より「プロ事務育成プログラム」専任講師として、200名以上のプロ事務を輩出。
プロ事務の後進を要請する活動を続けている。

香川県在住。プライベートでは夫と娘、息子の四人家族です。

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

在宅ワークとして人気沸騰中!
7日間の無料メール講座で、自宅で働く女性の新しい働き方「プロ事務」になる方法が学べます。