保活は時間の無駄だし、無意味な行動であるという話

保育所に入るために時間を使うくらいなら、自分で仕事を作った方が早い。
「仕事」の定義とは、誰かの「困った」を解決するということ。
この1点を外さずに自分のできることをアピールすれば、仕事はいくらでも作れるのです。
雇われて会社に縛られる時間なんて、短い人生のどこにもないのです。

ママであることは何かを諦める理由にならないし何かをしなくてもいい理由にもならない。
人生のある時からママになってずっと続いていくものだけど、すべての瞬間で自分のしたいことを子どものために手放してはいけない。
したいことは子どもがいる・いないに関係なく、その気になればできるから。

ーーーーー

「保育所に入れなければ、小さいな子どもを持つママは仕事ができない」というのは、ただの思い込みです。
その思い込み、いい加減外してしまえばどうでしょう?
今以上に気持ちが楽になることは、私が保証しますよ。

投稿者プロフィール

山田 亜希子
山田 亜希子
在宅で働くフリーランス事務代行「プロ事務」創始者。
2010年よりプロ事務に従事する。

また2015年より「プロ事務育成プログラム」専任講師として、200名以上のプロ事務を輩出。
プロ事務の後進を養成する活動を続けている。

香川県在住。プライベートでは夫と娘、息子の四人家族です。

「在宅でフリーランス事務代行」7日間無料メール講座

今、大注目の働き方「フリーランス事務代行」の始め方が分かる、無料メール講座。
事務代行に必要なスキルや営業方法が、7日間の自宅学習で習得可能です。
メール講座を修了した方には各種特典あり!

□■メール講座・内容■□
【1日目】働くことにどんな問題を抱えていますか?
【2日目】「在宅勤務」という働き方には3つのメリットがある
【3日目】在宅ワークとして「事務代行」を選ぶということ
【4日目】自宅で働く事務代行のお仕事例
【5日目】在宅ワークを始めるには「○○」探しからスタート!
【6日目】在宅ワークはお仕事なので、「○○問題」を避けては通れない
【7日目】事務代行を在宅で始めるために必要な知識を学ぶ【特典あり!】